スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
偶然に そしてちぼちゃん
昨日はりきちくんの49日でした。

特別に何かをするわけではなかったのですが

たまたま選んだ昨日

むくに関するうれしいお話をして来ました。

詳しい事は本決まりになったらお知らせしたいのですが

形として世に出る事になりそうです。

他の子達も

もちろんりきちくんも。

来年の春頃・・








話は変わりますが

19歳のおじいちゃん猫 ちぼちゃん。

食欲大復活です。

高齢猫用のごはん 2パックぺろりです。

というのも先月の終わり頃に全然食べなくなって・・いえ

虫歯と歯肉炎が悪化して食べれなくなって というのが本当のところだと思うのですが

最悪このまま食べれなくて衰弱死しちゃうなら

全身麻酔をして抜歯を と11月30日に手術予定だったんです。

それが前の日に少しずつ食べ始め(効かなかった痛み止めが段々効果出て来たのかもしれません)

当日朝に緊急回避。

老猫という体力だとそのまま麻酔から覚めないリスク高いですもんね・・

手術させるかは本当に悩んで ただ血液検査の数値が老猫にしては良かったので

この状態でならとその時は決断したんです。

もしもの場合も覚悟して・・

でも回避出来てよかった・・今も痛みはあり ちゃんとケアさせてあげてなかった事をちぼちゃんには謝りたいのですが

あの時手術してもし死んじゃったら

こんなにバクバクと食べる姿は見れなかったかもしれません・・

来年の6月で20歳。

祝ってあげたいです。
IMG_3481.jpg




追記

手術予定前日 全身麻酔での手術をするという意思を

担当医の先生の他に院長にも確認する場で

麻酔から覚めない事もありますと険しい表情で語られてた院長が

当日 僕と担当医の先生とのキャンセルをするという話し合いの後

ちぼちゃんの口を診察しながら

「うちにも(院長の)同じ歳位の猫がいて同じように歯で食事が大変なんだけど
全身麻酔の抜歯はしないって決めているんですよ」と

ホッとされてるような笑顔で語られたのがすごく印象的でした・・

医者としては手術をしなきゃいけない状況もあるのだろうけど

いち飼い主としての本音を聞かせてもらえたようで・・

安堵+なんだかうれしかった・・です。




なかなか更新出来なくて
見に来て頂いている皆様すみませんdozeza.gif


【2010/12/10 02:27】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ハシっ | ホーム | タイトルなし>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://maitaimu.blog8.fc2.com/tb.php/175-434f2fb6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。